FXレンジ相場の取引方法

プロフィール 特定商取引法 免責事項 お問い合わせ  
 
トップページ FXの基礎知識 FXで大切なこと FXで大損・失敗談 FX業者の選び方
 
 
おすすめFX業者の一覧 FXであなたが悩むこと FX相場の格言
 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 知っておきたい用語集
 

レンジ相場のときに利益を得られやすいFXの取引方法!

 
レンジ相場のときに利益を得られやすいFXの取引方法!
 

相場が動かないレンジ相場になっている

 

現在の為替相場(FX相場)ですが、ほとんど動いていませんね。 「上がったら下がる」・「下がったら上がる」ということを、繰り返しているだけになっています。

つまり、「レンジ相場」ということですね。

レンジ相場


ちなみに、レンジ相場になっている理由は、多くの人が、どちらに動くか分からずに、様子を見ている状態だからです。

たとえば、北朝鮮のミサイル問題によって、北朝鮮とアメリカが一触即発の状態になっていて、多くの人が、その状況を見ています。 また、雇用統計の結果(雇用者数や失業率など)を見ても、アメリカの経済は悪くないのですが、トランプ政権に対する不信感によって、なかなか米ドルも買うことができません。

本当に、何をするかよく分からない人(トランプさん)が、とてつもなく大きな力(アメリカ大統領!)を持っているので、、、本当に、どうなるか全然分からないのですよね。

だから、どちらか一方的に値が動くことがなく、ただ値がウロウロしているだけになっている(レンジ相場になっている)、ということです。


 

レンジ相場のときに有効なFXの取引方法は?

 

では、このようなレンジ相場のときは、どのような取引を行えば良いかと言うと、レンジ相場のときに有効な取引方法は、「逆張り」です。

逆張りってなに?逆張りとは


その理由は、レンジ相場というのは、「上がったら下がる」・「下がったら上がる」ということを繰り返すため、「上がったら売る」・「下がったら買う」という逆張りでトレードを行えば、利益を得られやすいからです。

逆に、レンジ相場のときに、「上がったら買う」という順張りでトレードをすると、相場が反転して、損をする可能性が高くなりますよね?

順張りってなに?順張りとは


基本的に、為替相場というのは、レンジ相場で動くことの方が多いです。 割合でいうと、レンジ相場とトレンド相場の割合は2対8くらいで、レンジ相場の方が多くなります。

そもそも、通貨の値段が、大きく変動することは、ほとんどありません。 たとえば、日本円と米ドルは、両国の貿易の関係から、大きく値が動くことは、ほとんどないですよね。

だから、現在のようなレンジ相場のときは、「上がったら売る」・「下がったら買う」という逆張りでトレードを行えば、利益を得られる可能性は高くなります。


 

私は、豪ドル/円を両建てで、回転売買している

 

私のトレードスタイルは、「そのときの相場の状況に合わせて、流動的にトレードスタイルを変えること」です。

つまり、そのときの相場が「レンジ相場」であれば、逆張りでトレードしますし、そのときに相場が「トレンド相場」であれば、順張りで取引を行うという形ですね。

だから、現在のような「レンジ相場」のときは、豪ドル/円のような、ある程度、値動きの大きな通貨ペアで、値段が低い通貨ペアを、両建てで回転売買してトレードしています。


具体的には、豪ドル/円を5,000通貨ずつ、売りと買いで、両建てでポジションを持ちます。 そして、もし上がったら、買いポジションを利食いをして、売りポジションは塩漬けします。 そして、もし下がったら、売りポジションを利食いして、買いポジションを塩漬けするという形です。

これを、30銭~50銭くらいずつで、刻み買いと刻み売りを繰り返していきます。 私は現在、このようなトレード方法で、FX取引を行っていますよ。


実際に、この方法は、とても勝率が高い(勝率100%)です。

現在のような「レンジ相場」のときは、とても有効な方法で、ポイントとしては、「売りポジションと買いポジションのバランスを最重要視する」ということと、レバレッジは最大で3倍までにして、それ以上のレバレッジには絶対にしない、ということですね。

特に、両建ての場合、売りポジションと買いポジションのバランスがとても重要になり、これが崩れないように、バランスを取りながらポジションを作り上げていきます。


 

ただし、レンジ相場はいつか終わる!

 

現在のようなレンジ相場のときは、FXで大きな損失を出す人は、ほとんどいません。 買った後に下がったとしても、待っていれば、値が戻ってくることが多いからです。

レンジ相場は、値がウロウロするものであるため、大きなポジションを持たなければ、損をすることはほとんどないと思います。


ただ、このようなレンジ相場が、いつまでも続くわけがないのですよね・・。 「レンジ相場とトレンド相場の割合は、2対8くらいで、レンジ相場の方が多い」と上で書きましたが、逆に言えば、「2割はトレンド相場!」ということです。

そして、もしトレンド相場に入ったら、ナンピンでポジションを積み上げていくと、一気に含み損が増えてしまいます。 だから、売りポジションと買いポジションのバランスに気をつけて、もしトレンドが発生したら、刻み買いや刻み売りを、いったん止める必要があります。

FXを止める


FXで、大きな損失を出してしまう人が多いときは、「相場が暴落したとき」です。 相場が暴落したときに、そのトレンドに逆らって、ポジションを積み上げていくから、一気に含み損が増えてしまいます。

実際に、レンジ相場のときと、トレンド相場のときは、エントリーポイントが真逆になるので、、、レンジ相場とトレンド相場の判断は、しっかりと行うようにしましょうね。

レンジ相場とトレンド相場を把握する方法


現在の相場の状況からすると、まだしばらく、相場を大きく動かすような材料(要因)は、出てこないのかもしれません。

そうなると、現在のレンジ相場の状態が、まだ続くということになるのですが、、、いつ、どのような材料が出てくるか分からないので、大きな材料が出て、トレンドが発生したときは、逆張りのトレードは絶対に行わないようにしましょう!

為替市場というのは、普段はあまり値は動かないものですが、いったん、大きなトレンドが発生すると、そのトレンドが長く続くという特徴もあるので、 トレードをするなら、トレンドには絶対に逆らわないようにして、トレンドに逆らってポジションを積み上げることだけは、絶対にしないようにしましょうね。

本当に、利益を得ることよりも、「相場を退場するような大きな損失を出さないようにすること」が、とても大切ですよ。


P,S,
投資は自己責任でお願いします。


 

FX業者の選び方!あなたに最適なFX業者を選ぼう!

 

使用するFX業者は、あなたのトレードスタイルによって選んだ方が良いです。
短期トレード用の口座、長期投資用の口座、初心者向きの口座など、各口座の特徴をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

⇒ あなたに最適なFX業者を選ぼう!FX業者の選び方はこちら!


 
短期売買に最適なFX業者の選び方 長期投資に最適なFX業者の選び方
初心者に最適なFX業者の選び方 役立つサービスを提供しているFX業者



 
 
FX業者の選び方
 
FX業者ランキング
 
おすすめFX業者一覧
  DMM FX
 
 
インターネット副業
 
サイドビジネス・副業の始め方
 
初心者が、インターネットを使ったサイドビジネスで、 自宅にいながら収入を得る方法 を、すべて動画でお伝えするサイトです。

また、仕事ができるようになるノウハウや、 「最高の成長法」 などもお伝えしています。
 
 
FX商材ランキング
  FX VMA
 
FXプライム
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座
 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる 無料の講座 です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、 「ホームページを自分で作れること」 が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
SBIFXトレード
 
Copyright © FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資 All rights reserved.
 
ブログトップFXの基礎知識FXで大切なことFX大損・失敗ファンダメンタル分析テクニカル分析
取引口座の比較情報商材ランキングプレミアム動画サイトマップお問い合わせ