FXでは、なぜ損切りが必要なのか?

プロフィール 特定商取引法 免責事項 お問い合わせ  
 
トップページ FXの基礎知識 FXで大切なこと FXで大損・失敗談 FX業者の選び方
 
 
おすすめFX業者の一覧 FXであなたが悩むこと FX相場の格言
 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 知っておきたい用語集
 
 

損切りを行うために必要な知識

「損切りを行うために必要な知識」 について、お伝えします。 FXでは、「なぜ損切りが必要なの」か、という理由を知ることで、損切りがしやすくなるはずなので、ぜひ参考にしてください。

 


「損切りを行うために必要な知識」の内容

ここでは、 「損切りを行うために必要なこと」 というテーマで、お伝えします。

まず、短期トレードや中期トレードの場合、損切りは必要になります。 損切りをしなければ、どんどん含み損が増えていってしまうからです。 そのため、「自分が今、行っているトレードスタイルでは、損切りは絶対に必要だ」ということを、自分自身で、まず強く認識することが必要になります。

「自分が今、行っているトレードスタイルでは、損切りは必要」 ということを強く認識すれば、 損切りができなくなる可能性は低くなりますし、一度で大きな損失を出すことも、防げる可能性が高くなりますよね。

そして、次に行うことは、 「損切りはなぜ行うのか?」 という理由を、明確に認識することです。

損切りには、「損を確定してしまう」という悪いイメージがあると思います。 ただ、損切りの本当の意味は、 「それ以上、損失を大きくしないため」 というプラスの意味合いがあります。

それ以上、損失を大きくしないために、損切りを行えば、再起不能になることを防ぐことができますよね。 FXをする上で、最もやってはいけないことは、再起不能になるくらいの大きな損失を出すことであり、相場から退場させられることです。

再起不能にならないために、それ以上、損失を大きくしないために、損切りというのは行います。 これが、損切りを行う理由であり、損切りに対して、 「それ以上、損失を大きくしないために損切りを行う」 というプラスのイメージを持つようにしましょう。


もちろん、損切りをしたあとに、相場が反転することもあります。 そして、相場が戻れば、 「あぁ、損切りしなければよかった・・」 となりますけど、それは結果論ですし、もし損切りしなければ、損失が拡大する可能性もありましたよね? そして、損切りをしなかったことで、損失が拡大してしまったら、致命傷となり、相場から退場しなければいけなくなるかもしれません。

それを回避するために、損切りを行ったのですから、たとえ損切りをしたあとに相場が反転したとしても、 それはまったく関係ありませんし、 「損切りをして、損失が大きくなることを防ぐことができた」 と思ったほうが良いです。


あと、「どこまで下がったら損切りをするのか」という、損切りのラインについては、トレードスタイルによって異なります。 短期トレードについては、損切りのラインは浅くする必要がありますし、スウィングトレードでしたら、 私の場合は、自分が思った動きと、違う動きを相場がした場合は、損切りを行います。

たとえば、上昇トレンドに入ると思ってエントリーをした後に、相場が下落して、 どちらに行くか分からなくなってしまったときは、自分の考えていた動きと違うため、損切りをするという形です。 だから、私の場合は、 「自分が間違っていたとき」 に、損切りをするようにしています。

ただ、 「自分が間違っているかどうかが分からない」 というときもありますよね。 そこで、私が事前に決めていて、絶対に守っていることは、 「1回のトレードの損失を、運用資産の10%以内に抑えること」 です。

FXをする上で、絶対に避けなければいけないことは、致命傷となる大きな損失を出してしまうことです。 では、いくらくらいの損失が、「致命傷となる大きな損失なのか」と考えたときに、私の場合は、「運用資産の10%の損失」であれば、まだ大丈夫だと思いました。

たとえば、100万円の運用資産で、10%の損失である10万円を損したとしても、それはまだ、取り返すことができます。 ただ、100万円の運用資産で、20%の損失である20万円を損したら、かなり痛いですね。 やはり、 「1回のトレードの損失を、運用資産の10%以内に抑えること」 が大切だと思います。

そしてもし、50%の損失である50万円や、60万円の損失を出したら、そこから元の状態である100万円に戻すのは、極めて難しいです。 だから、運用資産の50%くらいの損失は、完全に 「致命傷となる大きな損失」 になってしまいます。


もちろん、運用資産の半分を失っても、相場にそのまま残ることはできます。 ただ、一度、このような大きな損失を出してしまうと、その後のトレードは、「取り返そう」と思い、 焦ってしまいますし、レバレッジも大きくしてトレードしてしまう場合が多いので、 さらに元本を減らす可能性 が高くなります。

実際にやってみると、この難しさが分かると思いますが、、、大きな損をした後に、元の状態に戻すということは、本当に難しいことになります。


私は、FXで行ってはいけないこととして、 「トレンドには逆らわない」「機械的なナンピンをしない」 ということをお伝えしていますが、 なぜダメなのかというと、このような取引を行ってしまうと、運用資産の50%くらいの損失を簡単に出してしまうからです。

運用資産の50%くらいを失うと、取り戻すのは本当に大変なので、FXや相場に対する勉強をしっかりと行うと同時に、 損切りの必要性や、損切りの意味をしっかりと理解していくようにしましょう!



FX業者の選び方!あなたに最適なFX業者を選ぼう!

 

使用するFX業者は、あなたのトレードスタイルによって選んだ方が良いです。
短期トレード用の口座、長期投資用の口座、初心者向きの口座など、各口座の特徴をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

⇒ あなたに最適なFX業者を選ぼう!FX業者の選び方はこちら!


 
短期売買に最適なFX業者の選び方 長期投資に最適なFX業者の選び方
初心者に最適なFX業者の選び方 役立つサービスを提供しているFX業者


次回のFX講座について

「ストップロス」について、ご説明します。


 
 
FX業者の選び方
 
FX業者ランキング
 
おすすめFX業者一覧
  DMM FX
 
 
インターネット副業
 
サイドビジネス・副業の始め方
 
初心者が、インターネットを使ったサイドビジネスで、 自宅にいながら収入を得る方法 を、すべて動画でお伝えするサイトです。

また、仕事ができるようになるノウハウや、 「最高の成長法」 などもお伝えしています。
 
 
FX商材ランキング
  FX VMA
 
FXプライム
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座
 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる 無料の講座 です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、 「ホームページを自分で作れること」 が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
SBIFXトレード
 
Copyright © FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資 All rights reserved.
 
ブログトップFXの基礎知識FXで大切なことFX大損・失敗ファンダメンタル分析テクニカル分析
取引口座の比較情報商材ランキングプレミアム動画サイトマップお問い合わせ