FXのトレンドライン

プロフィール 特定商取引法 免責事項 お問い合わせ  
 
トップページ FXの基礎知識 FXで大切なこと FXで大損・失敗談 FX業者の選び方
 
 
おすすめFX業者の一覧 FXであなたが悩むこと FX相場の格言
 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 知っておきたい用語集
 
 

相場の方向性を確認できる「トレンドライン」について

相場の方向性を確認する 「トレンドライン」 について、ご説明します。
トレンドラインを引くことは、本当に重要なので、ぜひ覚えておいてください。

 


「トレンドライン」のポイント

・トレンドラインとは、 相場の方向性を確認するために、
 チャート上に描く線
のこと。
・トレンドラインには、ローソク足の安値と安値を結んだ
 「下値支持線 (サポートライン)」と、ローソク足の高値と高値を結んだ
 「上値支持線 (レジスタンスライン)」の2つがある。

・トレンドラインを引く目的は、
  相場が現在どのような状況であるかを確認するため。
・トレンドラインが右肩上がりなら、上昇トレンドを意味している。
・トレンドラインが右下に下がっているなら、下降トレンドを意味している。

・下値支持線と上値支持線が水平に引かれているときは、
 「レンジ相場 (ボックス相場)」といって、トレンドが
 出ていない状態になっていることが分かる。
・FXで利益を取るためには、現在の相場がトレンドが出ている状態なのか、
 トレンドが出ていないボックス相場なのかを確認することが必要。

・トレンドラインを引くことで、
  買いポイントと売りポイントも知ることができる。
・投資家の多くはチャートを見ながら売買しているため、
 下値支持線は、重要な買いポイントとして認識している人がとても多い。
・下値支持線付近では買い圧力が高まり、上値支持線では売り圧力が
 高まるため、相場はこの2つのトレンドラインの中で、
 上下を繰り返しながら動くことが多い。

・通常は、下値支持線に近づくほど買いの圧力が強くなり、
 上値支持線に近づくほど、売りの圧力が強くなるが、
 そのラインを突き抜けることを「ブレイク」と言う。
・一旦レンジを抜けてブレイクすると、一気に値が動くことがよくある。

・投資では、トレンドに逆らって利益を得ることはできないため、
 トレンドや現在の相場の状態を確認することができる
 トレンドライン を引くことは、本当に重要である。



「トレンドライン」の内容

ここでは、「トレンドライン」についてご説明します。 まず、「トレンドライン」とは、 相場の方向性を確認するために、チャート上に描く線のこと を言います。

このトレンドラインには、2種類あるのですが、まず、ローソク足の安値と安値を結んだ線のことを、 「下値支持線(サポートライン)」 と言います。 逆に、ローソク足の高値と高値を結んだ線のことを、 「上値支持線(レジスタンスライン)」 と言います。

この「トレンドライン」を引く目的は、相場が、 現在どのような状況であるかを確認するため です。 たとえば、トレンドラインが右肩上がりなら、上昇トレンドを意味しています。 逆に、トレンドラインが右下に下がっているなら、下降トレンドを意味しています。

また、「下値支持線」と「上値支持線」が横に水平に引かれているときは、 「レンジ相場(ボックス相場)」 といって、トレンドが出ていない状態になっていることが分かります。 FXで利益を取るためには、現在の相場が「トレンド」が出ている状態なのか、トレンドが出ていないレンジ相場なのかを確認することが必要になるため、その状態を確認するために、トレンドラインを引いて確認するというわけです。

あと、トレンドラインを引くことで、買いポイントと売りポイントも知ることができます。 たとえば、投資家の多くはチャートを見ながら売買しているため、下値支持線は重要な買いポイントとして認識している人がとても多いです。

そのため、下値支持線付近では買い圧力が高まり、上値支持線では売り圧力が高まるため、相場は、この2つのトレンドラインの中で、上下を繰り返しながら、動くことがとても多いというわけです。

ただ、通常は、下値支持線に近づくほど買いの圧力が強くなり、上値支持線に近づくほど、売りの圧力が強くなるのですが、そのラインを突き抜けるときがあります。 このように、ラインを突き抜けたときのことを、 「ブレイク」 と言います。

そして、今まで下値支持線を買いポイントだと思って買った投資家にとっては、下値支持線を下に抜けてしまったことで、今度は、その付近まで値が戻ってきたら、そこは少ない損で逃げるための売り場となります。 そうなると、今まで下値支持線だったところが、大量の売りになって、今度は上値支持線に変わり、今までとは逆の力が働いて、 相場が反転する というわけです。

また、トレンドラインをブレイクしたときに相場が変わることは、レンジ相場のときも同様で、レンジ相場は、買われすぎ・売られすぎの水準は同じくらいになっています。 そして、レンジ相場のときは、ポジションを持っていない人が多いので、一旦レンジを抜けてブレイクすると、 多くの投資家がポジションを持とうとする ため、一気に値が動くことがよくあります。

このように、トレンドラインを引くことで、現在の相場がどのような状況であるかを確認できるだけでなく、 買いポイントと売りポイントを見つけることができる というわけです。 FXを含めて、投資では、トレンドに逆らって利益を得ることはできないため、トレンドや現在の相場の状態を確認することができるトレンドラインを引くことは、本当に重要なことになりますので、覚えておいてください。



本動画で使用しているチャートについて

本動画で使用しているチャートは、優れたチャート機能を提供している
「FXプライム byGMO」 を使用しています。



FX業者の選び方!あなたに最適なFX業者を選ぼう!

 

使用するFX業者は、あなたのトレードスタイルによって選んだ方が良いです。
短期トレード用の口座、長期投資用の口座、初心者向きの口座など、各口座の特徴をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

⇒ あなたに最適なFX業者を選ぼう!FX業者の選び方はこちら!


 
短期売買に最適なFX業者の選び方 長期投資に最適なFX業者の選び方
初心者に最適なFX業者の選び方 役立つサービスを提供しているFX業者


次回のFX講座について

相場の行き過ぎと反転のタイミングを知る「ボリンジャーバンド」について、ご説明します。


 
 
FX業者の選び方
 
FX業者ランキング
 
おすすめFX業者一覧
  DMM FX
 
 
インターネット副業
 
サイドビジネス・副業の始め方
 
初心者が、インターネットを使ったサイドビジネスで、 自宅にいながら収入を得る方法 を、すべて動画でお伝えするサイトです。

また、仕事ができるようになるノウハウや、 「最高の成長法」 などもお伝えしています。
 
 
FX商材ランキング
  FX VMA
 
FXプライム
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座
 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる 無料の講座 です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、 「ホームページを自分で作れること」 が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
SBIFXトレード
 
Copyright © FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資 All rights reserved.
 
ブログトップFXの基礎知識FXで大切なことFX大損・失敗ファンダメンタル分析テクニカル分析
取引口座の比較情報商材ランキングプレミアム動画サイトマップお問い合わせ