FXのpips(ピップス)

プロフィール 免責事項 お問い合わせ サイトマップ  
 
トップページ FXの基礎知識 FXで大切なこと FXで大損・失敗談 FX業者の選び方
 
 
おすすめFX業者の一覧 FXであなたが悩むこと FX相場の格言
 
ファンダメンタル分析 テクニカル分析 知っておきたい用語集
 
トップページ > FXで知っておきたい用語集 >
 

pips(ピップス)とは

 

pips(ピップス)とは、 FXの利益幅や損失幅を、分かりやすく伝えるための単位のこと です。

まず、米ドル/円を100.50円で買って、101.00円で売ったら、50銭の利益になりますよね。 同じように、ユーロ/円を120.00円で買って、120.50円で売ったら、50銭の利益になります。

このように、「円」がらみの通貨ペア(たとえば、米ドル/円やユーロ/円) だけを取引していれば、 利益や損失は、「50銭の利益!」、「20銭の損失・・」という形で、 「銭」という単位を使えば良いだけ です。

ただ、「ユーロ/ドル」や「ポンド/ドル」など、円がからんでいない通貨ペアを取引した場合は、「銭」という単位が使えないのですよね、、、 そこで、どの通貨ペアでも、利益や損失を分かりやすく伝えることができる単位が、 「pips(ピップス)」 です。

たとえば、米ドル/円を100.50円で買って、101.00円で売ったら、「50pipsの利益」と言えます。 同じように、ユーロ/ドルを1.0050ドルで買って、1.0100ドルで売ったら、「50pipsの利益」と言えます。

このように、米ドル/円やユーロ/ドルなど、どの通貨ペアを取引しても、 同じ単位で利益や損失を把握できる単位 (伝えることができる単位) が、「pips(ピップス)」になります。


僕がFXを始めた当初は、米ドル/円やユーロ/円など、「円がらみ」の通貨ペアしか取引していなかったので、「pips(ピップス)」という単位は使ったことも、意識したこともありませんでした。 実際に、「pips(ピップス)」という言葉の意味を理解したのは、FXを始めて、8年くらい経ったときです。

そして、 「ユーロ/ドルの利益は、どうやってブログに書いたらよいんだろう?」 と悩んだときに、pips(ピップス) という単位を使えば、誰でも分かるように利益幅を伝えることができるということが分かりました。

ただ、いまだに、円がらみの通貨ペアを主に取引している僕にとっては、このpips(ピップス) については、とても分かりづらいです。。。 FXの利益幅を、人に伝えるときに、pips(ピップス) という単位は便利ですが、普段のトレードでは、あまり意識しなくても良いと思いますよ。



【関連ページ】


FX業者の選び方!あなたに最適なFX業者を選ぼう!

 

使用するFX業者は、あなたのトレードスタイルによって選んだ方が良いです。
短期トレード用の口座、長期投資用の口座、初心者向きの口座など、各口座の特徴をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

⇒ あなたに最適なFX業者を選ぼう!FX業者の選び方はこちら!


 
短期売買に最適なFX業者の選び方 長期投資に最適なFX業者の選び方
初心者に最適なFX業者の選び方 役立つサービスを提供しているFX業者



 
 
FX業者の選び方
 
FX業者ランキング
 
おすすめFX業者一覧
  DMM FX
 
 
インターネット副業
 
サイドビジネス・副業の始め方
 
初心者が、インターネットを使ったサイドビジネスで、 自宅にいながら収入を得る方法 を、すべて動画でお伝えするサイトです。

また、仕事ができるようになるノウハウや、 「最高の成長法」 などもお伝えしています。
 
 
FX商材ランキング
  FX VMA
 
FXプライム
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座
 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる 無料の講座 です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、 「ホームページを自分で作れること」 が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
SBIFXトレード
 
Copyright © FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資 All rights reserved.
 
ブログトップFXの基礎知識FXで大切なことFX大損・失敗ファンダメンタル分析テクニカル分析
FX取引口座の比較免責事項特定商取引法に基づく表記サイトマップお問い合わせ

^