FXの確定申告と税金

プロフィール 免責事項 お問い合わせ サイトマップ  
 
トップページ FXの基礎知識 FXで大切なこと FXで大損・失敗談 FXで悩むこと
 
 
最適なFX業者の選び方 おすすめFX業者の一覧 2000連勝の取引手法
 
FX自動売買の選び方 自動売買ができるFX口座 リピート注文のリスク
 
トップページ > FXであなたが悩む55個のこと >
 

FXの確定申告や税金は、
どうやってやるのですか?

 

FXで利益が出たときや、損失を出してしまったときの税金と 確定申告のやり方は、気になりますよね。

そこで、FXの税金や確定申告について、多くの人が疑問に思うことを、ここでお伝えします! FXをする上で、必要になる知識になりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

FXの税金と確定申告



FXの税金は払う必要があるの?

FXの税金は、FXで得た利益が、年間(1月1日から12月31日まで)で、20万円を超えたら、税金を払う必要があります。

ただ、専業主婦や学生のように、どこからも給料などのお金をもらっていない人については、年間で38万円を超えた場合に、税金を払う形になりますよ。

ここがちょっとややこしいところなのですが、、、サラリーマンや事業者の場合は、「FXの年間の利益が20万円を超えたら、確定申告をして、税金を払う必要がある!」と覚えておけば、良いと思います!


ちなみに、株式投資の場合は、税金分は勝手に引いてくれますけど、FXの場合は、税金分を勝手に引いてくれません。 そのため、FXは、自分で確定申告をして、税金を支払う必要があります。

「FXでの利益が年間20万円を超えたら、確定申告をして、税金を払う必要がある」というのは、面倒ではあるのですが、、、税金だけは、必ず払う義務があるので、必ず行うようにしましょうね。



FXは、どれくらいの税金を払うの?

FXの税率は、一律20%(所得税15%・住民税5%)です。 ただ、2013年から、「復興特別所得税」という税金も加わったので、正確には、「一律20.315%の税金を払う」という形ですね。

そのため、たとえば、FXで年間100万円の利益を得たら、20万円ちょっとの税金を払うという感じになります。

FXの税率について


ちなみに、「税金で20%も払うのか!?」と思われるかもしれませんが、、、私がFXを始めた2005年は、最大で45%くらいの税金を払う必要があったのですよ! しかも、昔は、損失分を翌年に繰り越すこともできなかったので、、、昔は、FXは税金面では、「とてつもなく不利」でした。

でも、2012年から、FXの税制が変わって、「一律20%」になりました。 また、損失分を、翌年に繰り越すこともできるようになったので、FXの税金面は、とても良くなったと思いますよ。


▼注意
損失分を、翌年に繰り越すためには、確定申告を行っていることが条件になります。 つまり、利益がマイナスだったとしても、確定申告をする必要がある、ということです。 確定申告をしていないと、損失分を、翌年に繰り越すことができないので、十分 注意してくださいね!



FXの確定申告(税金の計算)は、どうやるの?

FXの確定申告は、2月16日から3月15日までの「1ヶ月間の間」に行います。

具体的には、年が変わると、FX会社の管理画面から、「年間損益報告書」という資料を、ダウンロードすることができるようになります。 あとは、その「年間損益報告書」の紙をもとに、確定申告を行うという形ですね。


私も、サラリーマンをしながら、副業でFXを始めたときは、その「年間損益報告書」の紙と、会社からもらった「源泉徴収票」の紙を持って、税務署に行きました。 そして、税務署の職員さんに話を聞きながら、確定申告をしましたよ。

FXの確定申告は、税務署に直接行った方が良い


なお、現在は、税務は税理士さんにお願いしているので、税理士さんに「年間損益報告書」の紙を渡して、確定申告を行ってもらっています。

もちろん、税理士さんにやってもらうことが、一番簡単な方法ではあるのですが、、、FXの確定申告だけであれば、それほど難しくはないですよ。

確定申告については、インターネットでも申告できるのですが、サラリーマンや事業者が、自分で確定申告をするなら、 「年間損益報告書」と「源泉徴収票」の紙を持って、直接、税務署に行って、確定申告をする方法が、最も良い方法だと思います。



FXのスワップポイントも、利益になるの?

FXのスワップポイントについては、基本的には、ポジションを決済したら、スワップポイントも「利益」になります。 そのため、ポジションを決済しないで、持ち続けているだけでしたら、スワップポイントは利益にならない、ということですね。

ただ、これは、FX業者によって異なるようです。 中には、ポジションを持ち続けているだけでも、その間に得られているスワップポイントは、「利益」として扱うFX業者もあるみたいです。


ちょっとややこしいところですが、、、ただ、私たちは、これはあまり考えないで、良いと思います。 なぜなら、FX業者の管理画面からダウンロードすることができる、「年間損益報告書」に、利益が具体的に書かれているからです。

私たちが確定申告をするときは、その「年間損益報告書」に書かれている利益(数字)を、そのまま確定申告で申告すれば良いだけですからね。 これが、一番正しいやり方だと思いますし、私の税理士さんも、このやり方で行っているそうですよ。



FXで経費になるものは?

FXで経費になるものは、FX用に購入したパソコンや書籍、FXのセミナーへの参加などが経費になります。 あくまで、「FX取引に関係するものが経費になる」ということですね。

ちなみに、サラリーマンの人が、FX取引をスマホで行っているからと言って、スマホ代(通信費など)を、全部経費にできるかというと、それは難しいみたいです。

FXの経費として、確定申告で申告できるのは、あくまで、「FX取引に関係するものだけ」ということですね。

FXの経費は、FXに関連するものだけ



FX取引は、個人と法人、どちらが有利?

FX取引は、現在は、個人の方が有利だと思います。 なぜなら、個人でのFX取引は、税率が一律20%だからです。

一方、法人としてFX取引を行った場合、FX取引以外の収入もプラスされて、税率は20%より高くなる(25%くらい)ことが多いです。 もちろん、その法人の状況によるので、一概には言えませんが、、、個人でFX取引を行った方が、税率は安くなるはずですよ。


また、昔は、個人でFX取引を行った場合、損失を翌年以降に繰り越すことはできなかったのですが、現在は、3年間、損失分を繰り越すことができます。

個人でも、損失分を翌年以降に繰り越すことができるようになったので、FX取引は、個人で行った方が良いんじゃないかなと思いますし、私も、個人でFX取引を行っていますよ。


ちなみに、「個人か法人か」ということについてですが、FXの取引口座を、個人で開設するか、法人で開設するかで決まります。

具体的には、FXの取引口座を個人で開設したら、それは「個人での取引」になりますし、法人で取引口座を開設したら、それは「法人での取引」となります。 個人の取引口座で損をしたからと言って、「これは法人として取引していました!」ということはできないので、注意してくださいね。


あとは、個人と法人の違いですが、レバレッジの制限が違います。

個人口座での取引は、レバレッジの上限は25倍までと、決められています。 また、法人口座での取引は、各FX業者によって異なるのですが、だいたい60倍前後のレバレッジでポジションを持つことができます。

ただ、個人的には、レバレッジ25倍でも、あまりに高すぎるレバレッジだと思っているので、、、個人口座で取引すれば良いんじゃないかな、と思います。 これについては、税金は関係ないので、人それぞれの好みだと思いますが、「個人と法人で、レバレッジの上限が違う」というのも、一応、覚えておいてくださいね。

上記のような理由から、FX取引を行うなら、個人で行った方が良いと思います。 個人の方が、税率が低いので、個人口座でFX取引を行うことをおすすめしますね。



FXで税金を払わなかったときのペナルティは?

サラリーマンや事業者が、FXを行って、年間20万円以上の利益が出ていたのに、確定申告をしないで、税金を払わなかったら、「脱税」になります。

しかも、現在は、FXの取引口座開設のときに、「マイナンバー」が必要になるため、FXで誰がいくらの利益を得ているのかは、税務署は完全に把握できる状態になっています。

FXで誰がどれくらいの利益を得ているのかは、税務署は完全に把握している


だからといって、FXで利益を得たのに、確定申告をしないで、税金を払わなかった人が全員が指摘されるかというと、そうではないみたいですが、、、 ただ、税金は、やっぱりちゃんと払った方が良いです。

もし、税金を払っていないことを指摘されたら、今までに払っていなかった所得税だけでなく、重加算税も払うことになりますし、もし一括で払えなかったら、年14%くらいの延滞料もかかります。

税金というのは、「自己破産しても免除されない」というのが、最高に恐ろしいので、やっぱり、税金だけはちゃんと払うようにしましょう。


ちなみに、現在は、FXの損失分は、翌年以降に繰り越せることになりましたが、それは、「マイナスだった年でも、確定申告をしっかりとしていること」が条件になります。

FXで利益が出なかった年(マイナスだった年)でも、確定申告は、必ず行うようにしましょうね。



副業でFXを行うと、会社にバレる?

副業で大きな利益を得た場合、翌年の「住民税」が上がります。 そして、サラリーマンの場合は、この住民税は、毎月の給料から天引きされるのですよね。

そのため、副業で大きな利益を得ると、翌年の住民税が上がり、「なんかこの人だけ、住民税がやたら高いんですけど…」という感じで、 勤務している会社が分かって、「会社にバレる」というのが、一般的な流れになります。


もちろん、最近は、日本政府が副業を推進している時代なので、FXのような投資で利益を得たからといって、会社から注意されることはないと思いますが、 もし、会社に知られたくない場合は、「確定申告」をするときに、「自分で納付」にチェックを入れれば、会社にバレることは、ほぼないと思いますよ。

具体的には、確定申告の紙の、「給与・公的年金等に係る所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という項目で、「自分で納付」にチェックを入れるという形ですね。

FXで利益を得ても、会社にはバレない


こうすることで、住民税が給料から天引きされるのではなく、納付書が自分宛てに届くようになるので、自分でFX分の住民税を、コンビニなどで払うことができます。

そうすれば、会社にバレることは、ほぼないので、このような方法もあるということを、覚えておいてくださいね。





あなたにぴったりなFX業者を選ぼう!FX取引業者ランキング

 

使用するFX業者によって、得られる利益は変わってきます。「初心者におすすめな取引口座」や、「短期トレード」・「長期投資」におすすめの取引口座を、ランキング形式でご紹介します!




FX業者の選び方!あなたに最適なFX業者を選ぼう!

 

FXの取引口座の選び方を、ご紹介します!人によって、FXの取引口座は使い分けた方が良いので、その選び方をご紹介しますね。

あなたに最適なFX業者を選ぼう!FX業者の選び方はこちら!


 
短期売買に最適なFX業者の選び方 長期投資に最適なFX業者の選び方
初心者に最適なFX業者の選び方 役立つサービスを提供しているFX業者



 

 
 
FX業者ランキング
 
FX業者の選び方
 
 
FXをする前に必要な知識
 
おすすめFX業者一覧
  DMM FX
 
自動売買ができるFX口座
 
FXで大切な3つのこと
 
インターネット副業
 
サイドビジネス・副業の始め方
 
初心者が、インターネットを使ったサイドビジネスで、 自宅にいながら収入を得る方法 を、すべて動画でお伝えするサイトです。

また、仕事ができるようになるノウハウや、 「最高の成長法」 などもお伝えしています。
 
 
FXであなたが悩むこと






















































 
FXで知っておきたい知識
 
ホームページの作り方
 
動画で覚える無料ホームページ制作講座
 
ホームページの作り方を、動画で見ながら覚えることができる 無料の講座 です。

インターネットを使ったサイドビジネスで収入を得るためには、 「ホームページを自分で作れること」 が必要になるので、このサイトが役に立ちます。
 
FXの出来事と注意点
 
Copyright © FX資産運用ブログ!FXのスワップでゆっくり長期投資 All rights reserved.
 
ブログトッププロフィール免責事項特定商取引法に基づく表記サイトマップお問い合わせ
 
^